読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JOHNSON&JOHNSON

良き人間になるためのチャレンジ100

2017WEEK1チャレンジ:批判しない not criticize others  四谷怪談お岩に学ぶ 2006年に書いた私のブログ

2017年チャンレンジ 仕事 批判 更年期 お岩 女子の生き方

f:id:sae-johnjohn:20170108203211j:plain

このブログを始めた事を機に、過去自分の書いた記載をを振り返っている

10年以上も前に書いたモノだが

その時から私は何も変わっていなかった

暴走し、混乱し、もがいた挙句、自分を否定し、他者を避ける

 

当時、そんな私を諭してくれる人がいた

それが ”お岩さん”だ

2006年、前職を辞めた(事実上クビになった)際に、母に連れられ観る機会があった

今は亡き当時勘三郎さんの ”四谷怪談” だ

お岩さんは、家族を愛し、隣人を愛し、何があっても他者を受け入れ

決して批判せず、最後は愛した夫に裏切られ傷めつけられ死んでしまう

今日、改めて彼女の想いを、思い返す

彼女は不幸な最期であったが、素晴らしい女性だったのだと思う

学び直しの意味を込め 当時のモノを残します

 

長い戦いが終わり、仕事を辞めた。

後先考えず、パートナーと共に経営者にたてついた私たちは

事実上クビになった
退職日、経営者に呼ばれ私は言われた
”仕事っていうのはやりたい、やりたくないじゃあないのよ”

私たちは、少なくとも私は彼女が好きだったし彼女の作るものはどれも素晴らしい作品で
経営者の生き方も好きだったけれど
どおしても出来ないことがあった
けれど、私の現状を考えるとやればよかったのかもしれない
それが”仕事”なんだから
それで私たちは、それと引き換えの報酬をもらっているんだから

わかっていたけれど彼女の言葉は胸に”どすん”ときた
やっぱりわたしは”甘えて”いたのかも

ずっと相談してきた兄が私にいった
”おめーはいつも甘いんだよ。会社に食わせてもらってんだから言うこと聞けよ”
答えは私がもっと成長したらわかるんだろう
自分が間違っていたのか、それとも正しかったのか

 

そして先日、落ち込む私にママから

勘三郎さんのチケットあるからC(娘)と一緒に行きましょう” ママからのお誘いだった

BUNNKAMURAで先日まで公演されていた東海道四谷怪談だ
私は数年前歌舞伎座で観ていたのであまり乗る気がしなかったけれど
久しぶりの親子3人でのお出かけだったので渋々付いていった


歌舞伎座と違い小さい小屋の様なホールにフロントには大きな提灯が
”まみー今日はお岩さんどっからでてくるのかなあ”
と、辺りをきょろきょろしながら言う娘のC


そう、四谷怪談は観客を驚かせる仕掛けがあるのだ
客席の後ろから、横から出てくる出てくる
怖いけれど楽しい芝居だ
今回は小屋が小さい事もあり飛び出すお岩は控えめだったが
その演出の素晴らしいことといったら!


今回、いえもんさま~を演じたハシノスケの色っぽいこと!
日本一悪くて、冷血で、欲にまみれた色男代表イエモン


そしてお岩だ
彼女は子どもの頃からの”最も怖いお化け代表”だ
よれよれのグレーの着物に顔半分が腫れ上がりただれ
そしてあのポーズ 思わず拍手してしまった

日本の幽霊代表、いやアイコンだ


彼女が日本の幽霊のスタンダード、夏の風物詩を構築してきたが
ただ誤解ばかりが世間を騒がせすぎた
本当のお岩は人を無差別に驚かす様な女じゃあない


彼女は、ただ正直で一人の男を心底愛したやさしい女だ
最後の最後まで人を疑う事を知らなかった


あんなに分かりやすい、”女の全てをかっさらっていく悪い男” イエモンに騙され続けた
いや、騙されたふりをしていただけかもしれない


それは、彼女が父親にとても大事にされ愛されたからであろう

話が終盤にさしかかるとあの名場面が始まる
お岩の長せりふだ
彼女の抑え続けてきた感情が溢れ出す
せつなくやりきれない気持ちにさせるとてもとても悲しい場面だ
私は涙がとまらなかった

信じたものを何があっても守り続けるお岩を前に
何においても打算的で足したり引いたりばかりしてきた自分がみえた
こんな風に男を愛せるか、こんな風に生きれるか
自分は正しい、間違えているわけがないと
気が付けば、”絶対”という言葉をいつも吐いていた気がする
彼女のような生き方は決して利口ではない
彼女が友達だったらきっと私は言うであろう
イエモンなんてやめな!男なんか沢山いるじゃん!しっかりしなよお岩!”
”あんた絶対間違ってるよ!”と


勘三郎は見事にお岩を演じた
せつなく悲しく人間愛に溢れたお岩を
長い髪を櫛で梳くシーンは本当に怖い
最後は観客総立ちの拍手とアンコール
けれどこのお話にはきっといろんな”教え”があるんだろう
私はそう解釈している
”お岩の教え”だ
だからきっと長い間語り継がれてきているのだろう
特に女にとっては大事な話であろうとも思う
お岩を通し、自分の生き方を見つめなおす事だ
たとえそれが正しくても、間違っていたとしても

 

2006年4月28日

2017WEEK1チャレンジ:批判しない not criticize others     おじさんへの手紙 2006年に書いた私のブログ

おじさん 通勤電車 2017年チャンレンジ 批判 仕事 更年期

f:id:sae-johnjohn:20170106202521j:plain

2017年1月6日(金)連休前

今週のお題は ”批判しない”

恐らく業務内で最も苦戦するであろうと予測していたが

全て上手くいっていた 

何があろうとも 、”相手の話を聞き、悪魔のフィルターを通さず、各々の言わんとする事を理解する、、、、”

要するに、まずは ”黙る”事だ  その忌々しい口を閉ざす事

5分で済むはずだろうが延々と続く上司からのお説教にも

”彼は本当に私のためを思っての彼なりの思いやりなのだ、、”

自分に言い聞かせ乗り越えた ”ありがとうございます”

 

しかし今日の帰り道のりんかい線、混雑する車両で前に座るスーツ姿の男性が

携帯ゲームをやりながら、鼻をほじくっている 

何故だ! この混雑する車内で、何故に平気で鼻をほじくる !

左手では携帯を器用にいじり、右手は鼻の穴をいじり倒した器用な輩だ

挙句、掘り出したモノを軽く目視し、こねくりまわし、まわし、、

”カミサマワタシヲオタスケクダサイ”

 

10年ちょっと前に書いた ”おじさんへの手紙”を下に残します

 

 

おじさん達こんにちわ
私、ジョンソンといいます
今日は貴方達にお手紙を書きます

おじさん
電車の中でエロい写真付きの新聞を平気で読むのを止めてください
貴方の半径1M以内にいる私達は犯されている気分になるんです
薄目で睨み付けている私に気が付き

じっとりした目で私の体を嘗め回す様に
新聞の隙間から眺めるのは止めてください
体が貴方の顔から噴出している脂まみれになってしまいます

 

おじさん
さっきやっと空いた席に座ろうとしたお年寄りを突き飛ばして座りましたね
その後貴方は中刷り広告をアホみたいに眺めながらずっと鼻をほじっていましたね
次の駅がきても、また次の駅がきても
どっさり毛の生えた指を、これまたどっさり鼻毛の生えた鼻につっこみ
その脂ぎった鼻はあなたの指をどこまでも呑み込んでそのまま目玉まで届いてしまいそうでした
一体貴方はそこにに何を探しているんですか?
おかげて手すりにもどこにも触れません

 

隣に座ってきたおじさん
座ったとたんにその何年も履き潰した革靴にナイロンソックスに包まれた水虫だらけの蒸れた足を
ちょこんと乗せるのは止めてください
新宿に着くまでに死人がでます
貴方の死んだ犬の様な足の臭いはガスとなりアウシュビッツの様です
貴方は急行電車のテロリストです
もちろん遠慮して踵だけちょこんと上げるのも止めてください
しっかり靴で密封して家まで持ち帰ってください

 

反対に座るおっさん
貴方が疲れているのはよく分かります
けれど電車の中で居眠りをするときは電車の進行方向を考えて座ってください
あなたのべとべとの額や何日も洗ってないフケだらけの頭が迫ってくると
運転士がブレーキをかけるたびに心臓がきゅーっと縮みます

 

あっ今つばを吐きましたね
買ったばかりのMIU MIUの靴に1滴でも付いていたら殺すところでした
そんなに痰が出るのなら早く呼吸器科に行ってください
もしくは奥様に頼んで痰つぼを用意してもらってください
そして常にポケットに携帯し人目の付かない場所でこっそり吐いてください
人には謙虚さというものが必要なのではないでしょうか

 

さっきから下半身を私のおケツに突き出してくるハゲ!
私はいつかあんたを捕まえてみせます
つり革につかまって次から次へと女のおケツを追いかけまわしてる貴方
遠めから見るとすごく滑稽だけれど
ケチらないで早く風俗へ行きなさい
あなたのボールペンみたいに粗末なモノをパンパンに腫らせて突き出して
皆見てますよ
この前ランドセルを背負った小さな男の子にこすりつけてましたね
私はその後駅のトイレで吐きました

 

以上です
どうぞご検討の程宜しくお願い致します

2006年6月11日
東京都渋谷区在住
ジョンソン

 

2017WEEK1チャレンジ:批判しない   not criticize others

仕事 チャレンジ 批判

f:id:sae-johnjohn:20170104204600j:plain

2017年1月4日仕事始め

 

今週のお題は ”批判しない”だ

今日から仕事始め、安全な自分の繭から社会に出ると

これは非常に困難なお題だ ”批判しない” 

頑張れ、私

ディラン様、私をお守りください

 

7:30am

渋谷駅、山手線

年始明けだからか、比較的空いていた。ホッとするも

乗り込んだ車両では、独り言を延々と呟く男性がいた

そういう事もある。品川駅まで延々と耳元で説教の様に訴えられたが

私が酔って帰りの電車の中で大声で話すのと大して変わらない。反省

 

10:30

社内

11月に入社した同じ部署の新人君が新年の挨拶に来てくれた

珍しくピシッとスーツを着ている

”どしたの?スーツなんか着て”

弊社は取引先との商談に行く以外、基本カジュアルで問題ない会社だ

”ちょっと、色々ありまして、、、”

”ふーん、今年もよろしくお願いします”

と流したが、その新人君は午前中にデスクを片付けて何処かへ行ってしまった

同僚に聞くと年末に、与えられた業務に対し ”自信が無い”と言っていたらしい

業務開始の前日の昨日、上司に辞職願いを出したという

それを聞いた後、彼のデスクを見てみたが、全て空だった

 

この会社は新卒採用はほぼ無く、中途採用も限られている

しかし社員のブランドロイヤリティーは高く、報酬もそこそこ良い会社だ

ブランドヴァリューは高いが、外資なので変動は常3年、直近では毎年起こる

その様な環境で生き残るのは非常に厳しく、心身を病んでしまう社員も少なくない

営業職となると尚更だ

 

新人君は、30代だったがこの厳しい環境の中頑張っていた、と思う

少なくとも私にはそう見えていた

この前まで海外で働いていて、その理由はその国の民族音楽が好きでどうしても知りたかったから1年間ホテルで働いてみた、と言っていた

”働いていてみた” に私は少し引っかかっていたが、きっと若い彼は頑張ってくれるだろうと思っていたが残念ながら彼は去ってしまった

 

今までも何人もの ”新人君” を見送ってきた

今までであれば、根性が無い、辞めて正解、挙句にこんな人材を採用したあいつが悪いと徹底的に批判していた はずだ

 

しかし、今日私はそれを止めた

当然、社内は騒つく

いくつかの ”何があったの?” メールを無視した

その話題をあえて避けてみた

そして帰り道、考えた

もし自分が彼の立場であったらどうしただろう

彼を助けることを1つでもしただろうか

何もしていない

 

無関心は人を追い詰める

”放って置けばなんとかなる” ”見てれば勝手に育つ” はエゴだ

産んだ我が子に対し、食事も与えず、教育も受けられない環境を強いるエゴだ

大げさかもしれないが

 

批判するいう事と無関心でいることは同じだと思う

どちらも相手の立場、気持ちに寄り添っていないという事なんだと思う

エゴに支配され、相手の気持ちを汲む事が出来ないという事だ

 

新人君が明日から新しい良き人生歩める事を望む

そして、今日山手線に乗り合わせた彼が、いつまでも風俗に行った時の愚痴を言わなくて良い様になれます様に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも私は走る 更年期を受け入れず走る事を選んだ私の話ー1ー

RUN ランニング 更年期

https://www.instagram.com/p/BGQSS--Mmco/

 

40歳になってすぐ私は走り出した。

幸運なことに、私はいくら食べても、飲んでも太らず

自分の理想としていた体型を維持出来ていた 40歳までは

 

買い物や外食する以外は外に出るのも億劫で、運動など一切しない生活を送っていた

大のジャンクフード好きで、酒の量は増える一方

ワインのボトルを1人で空ける事も多かった

二日酔いの朝はお砂糖たっぷりのMilk Teaを一気に飲みし

一日を終えると女友達と日付が変わるまで飲み

やっと辿り着いた玄関で倒れ込むそんな乱れた生活だった

 

そろそろ体を鍛えようかなと思い立ち

当時好きだった格闘技選手がトレーニングに来ているらしいと友人の勧めもあり

安易な心持ちで近くにあるGymに通い出したのが40歳手前

すぐに飽きてしまった

Gymで体を鍛える事より、階下にある ZARAでの買い物が最たる目的に変わってしまい、身体は締まるはずはなく、毎月の支払いと、月会費が増えた

もちろんノゲイラにもジェロム・バンナには会える訳がない

いつものPantsがキツくなり、何を着ても似合わない気がしてきた

髪のまとまりが悪く、肌のくすみがいつまでも取れない

酔いがいつもより早く、呂律が回らなくなり 同じ事を何度も言う様になっていた

二日酔いが酷くなり、取引先との商談前に病院に駆け込み点滴を受けた事も1度や2度ではない

足は浮腫みヒールのストラップが足に食い込む様になった

並んでいたレジの列に横入りされ、店員さんにクレームを付けた挙句

その帰り道、泣き出した事もある

 

そう、40歳を目前にして一気に代謝が落ち、加齢が加速し

私たちが恐れていたZONE "更年期"の前兆だった

悪い事に、女友達は私と同様 ”もがき期” にいて

誰も自分がこのZONEに入っている事を ”気付いていない” 

もしくは ”気付かないふり” をしていたから

適切なアドバイスをもらう事も出来なかったし、私から相談を持ちかける事もなかった

私も ”まさかこの私が” と自分に言い聞かせていたのだろう

 

ある日いつもの様にシャワーの後、下着でソファーでくつろいでいると

娘のCとパートナーに ”マミーお腹周りにネンド(粘土)みたいのがついてるね” とカワイく言われた

笑いながら鏡で確認したフリをしていたが、私は知っていた

”腰の辺りに最近ブヨブヨしたものがデキテ” いたのだ

そしてその月、きっちりと正確な周期だった生理が2週間も遅れた

私はとうとう ”ZONE” に突入したのだ

 

それから私が止めた事と始めた事

  • 夜更かしを止め遅くとも日付が変わるまでに眠る
  • Gymを退会し公園を歩く
  • ジャンクフードを止めて野菜を多く食べる
  • 砂糖が入った飲み物を止めて水を飲む

これに加え、産婦人科医と親しい皮膚科の先生に相談しプロの助けを求めた

数年経った今の私はこうだ

  • 遅くても10時には就寝、5時起床
  • 毎週末20Kもしくはそれ以上走り、月100Kを目標にしている
  • 冬以外は自転車通勤(片道10K)

これを続けた結果の私は

  • 髪と肌の艶が戻った、白髪も同年齢と比べ少ない
  • 体重はピーク時から3K減、ほぼ理想体重維持

定期的に婦人科にも通い、皮膚科でのメンテナンスも行なっているが

最も重要なのは、運動と睡眠と栄養バランスだ

この3つが揃うと、良い連鎖が起こる

例えば

  • 早く寝るから自然と早朝起きてしまう、夜の付き合いが減る
  • 睡眠時間がしっかりと取れるから髪と肌の新陳代謝が良くなる
  • 早朝の散歩を始めると公園(自然)が気持ちいい事に気付く、少しずつ走れる様になる
  • 走れる距離が伸び、自分に自信がつく 次のチャレンジを探したくなる
  • 風邪を引かなくなる 
  • 出勤時間が早くなり、朝の業務処理がはかどる 退社時間もぐっと早くなった
  • Run仲間が出来る

誰にでも当てはまらないかもしれない

しかし私には ”走る事” がばっちりとハマった

もう何年も走っているが、デメリットは今の所無い

 

では、こんな私がどうやって更年期を受け入れず走る事を選んだのか

どうやって実行し継続しているのか

それを次に話したいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017WEEK1チャレンジ:批判しない   not criticize others

2017 チャレンジ

 私は、すぐ批判してしまう悪い癖がある

その根底には”自分が絶対正しい”という愚かな思い込みがある

同時に、”この人は何も分かっていない” ”これは嘘ではないか”などと、常に疑ってかかっているのだ

そのような濁ったフィルターがかかってしまっているから、真実がいつまでも見えてこない

要は人の話をまともに聞いていないのだ

真実を理解しないまま、途端に相手の話を遮り延々と持論を述べる

対象は上司、同僚、友人、パートナー、時には取引先の担当者にまで及んでいる

娘のCは最たる被害者だ

”そんなレースの付いた服なんかダサいからやめなさいよ”

”メイクが濃すぎるわよ”

”もっとまともな音楽聴きなさいよ”

”さっきの子マミー好きじゃないわ”

反論されようものなら、相手が諦めるまで(負けを認めるまで)責め立てる

”ここまで言っているのに何で分からないの?”

”だから何度も言うけど!”

最後は、私が投げ出し”もう理解できない!と言い放つ

何も分かっていないのは私の方だというのに

 

2017年第1週目には、批判しない事を自分のチャレンジとする

それには人の話を良く聞く、遮らない、理解する

自分は決して正しくない

先ずはこれを念頭にスタートしようと思う

出来るかどうかは私次第

 

 

 

2016年JOHNSONまとめ

f:id:sae-johnjohn:20161231113920j:plain

私は性格が悪い。どちらかというと悪い方だ。

私を知るヒトに私のことを聞くと、きっとこう返ってくるであろう。

 

”面白いけどちょっとあのヒト変わってるよね” 

J:だって皆と同じはキライですから

”本当は何歳なんですか?” 

J:時間とお金をかけてるんです。努力してるんです

”好き嫌いがはっきりし過ぎてると思う” 

J:自分を良く知ってるんです。我慢したくないんです。

 

”協調性があるともっと良いですね”

J:そのつもりだったんですが、、

”自分をもっと好きになりましょう”

J:充分好きですけど、、

”どうしたんですか?顔が疲れてますよ”

J:さっきメイク直したばかりなのに、、

”また飲み過ぎですか?”

J:ハイ、、

”マミー、私の話聞いてる?”

J:あっ、ごめん。今何て言ったの?

”ジャクソンさーん、2番へどうぞ”

J:ジョンソンです、、

”ジェイソンさん、お待たせいたしました!”

J:もういいわ!

 

 気づくと予測される寿命の折り返しを過ぎている

特に、娘を産んでからの24年間はあっという間だった

2016年、女友達を2人亡くした

2人共美しく、いつも笑っている優しい子だった

辛い病気と向き合い闘ったが、最期は大切な家族を残して亡くなってしまった

 

2016年は多くの死があった

歳を重ねると、新しい命を迎える事より、送り出す事が増えてくる

家族、兄弟、同級生、同僚の結婚、出産

親、兄弟、親戚の死

病、事故で亡くなる友人、同僚の死

家族同様として生きたペットの死、友人知人の家族の死

 

シリアでの内戦では2011年以降の犠牲者が35万人強を超え、うち18歳未満の子供が2万人以上だと言われている

DAVID BOWIE-デビッド・ボウイが1月10日に亡くなり

 

2月3日MAURICE WHITE-モーリス・ホワイトが亡くなる

 

3月11日にはパリでEagles of death metalのLive中に、同時多発テロが起き130人が

犠牲となった

ベルギーでの地下鉄同時多発テロ3月22日犠牲者32人

 

4月21日PRINCE-プリンスが亡くなる

 

6月3日 モハメド・アリが74歳で亡くなり

同月12日にはフロリダ州オーランドのCLUBで銃乱射が起こり49人が犠牲になった

6月25日にはイギリス国民投票でER離脱が過半数を占め

次の日26日、トルコ・イスタンブールの空港で爆弾テロが起こり、44人が犠牲となった

 

7月アメリカ南部と中部で黒人男性が相次ぎ警官に射殺され、抗議デモが起き7日、ダラスで警官5人が射殺され、容疑者がロボットを使った爆発物で殺害された。

同月31日、フランス南部ニースでトラックが革命記念日を祝う群衆に突込み85人が犠牲となる。

 

10月にはシリア・アレッポでの空爆が激化し子供を含む多くの犠牲者が出た

PETE BURNS-ピート・バーンズが同月23日急性心不全で亡くなる

 

11月8日米大統領戦でTRUNPが勝利を果たし第45代大統領に就任する事が決まる

同月25日、キューバカストロ議長が90歳で死去

 

その間も、シリア・アレッポでは勢力戦闘が続き、更に多くの市民、子供達が犠牲となる。

12月25日 GEORGE MICHAEL-ジョージ・マイケルが亡くなる

 

この1年、日本でも4月に熊本地震が起き、オバマ大統領の広島訪問が実現され、相模原市の施設で殺傷事件が起こり27人が犠牲となった。

18歳選挙権がスタートし、ポケモンGOが街中に溢れ、12月には安倍首相が真珠湾を訪問された。

 

私は良い人間になりたい。

良い人間とは曖昧で不明確だが、自分の思う良き人間でいられるよう努力をしたい

では、良い人間になる為具体的に何をすれば良いのか、それさえも今は分からない

しかし2017年新しい年を迎えるにあたり、”このままではいけない” それだけを思う

 

2017年元旦から、良い人間になる為の100のチャレンジをスタートすると決めた

お題を決め、その週そのお題を実行する

 

”良い人間になるには、自分の中の悪魔を黙らせ、良い人間になる為の努力を

続けることである”

 

2016年12月31日

ジョンソン